FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそ世界は中国に内政干渉するべきだ~内政干渉とチベット問題~

 アメリカはこれまで度々、中国の人権問題に口を挟んできました。私はそれをニュースで聞いて、「結局アメリカは自国の利益のために、難癖をつけているだけだ。アメリカの内政干渉は許せない。」と思っていました。

 アメリカが中国に人権問題で口を挟む理由は確かに大きく外れてはいないのでしょうが、昨今の中国のチベットへの弾圧のニュースを聞くと、内政干渉は良くないとばかりも言えないと思うようになりました。

 中国は秘密裏に行っているだけで、やっている事は虐待と虐殺、さらに言うと民族浄化です。国際的なルールとして国内問題への干渉は許されないのでしょうが、虐殺については干渉を行うべきでしょう。

 現在の世界の枠組みの中で、チベットを中国から救う事はできないのでしょうか。民族浄化と言う忌まわしい事は、内政干渉は許されないと言うルールの前には無力なのでしょうか。

 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所から、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所からのアピール/日本の皆さまへと言う文章が出されています。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。