FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自閉症スペクトラム障害(ASD)な私

 私は先日、精神科の医者から「自閉症スペクトラム障害」の疑いがあると診断されました。

 そもそものきっかけはあるWEBページを見た事をきっかけに、自分を「注意欠陥障害(ADD)」では無いかと疑うようになった事です。そしてある日、「注意欠陥障害」について詳しいとされる医者を調べ診察を受けに行きました。その結果、「注意欠陥障害」と言うよりはむしろ「自閉症スペクトラム障害(ASD)」の疑いが有ると診断されたのです。

 医者に説明を受けた「自閉症スペクトラム障害」の特徴は、
・コミュニケーションが下手
・想像力の欠如
・こだわりを持つ
と言う事です。説明を受けると、なるほどと自分に当てはまる事が複数有ります。

 まずは「自閉症スペクトラム障害」について知る事だと言われ勧められたのが「あなたがあなたであるために」と言う本です。
 この本は「アスペルガー症候群(AS)」について扱う本なのですが、ASは「自閉症スペクトラム障害」と関連が深く、この本により「自閉症スペクトラム障害」への理解が深まるだろうとの事でした。

 これから先、自分の事を良く知り程々にうまくやって行こうかと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

アンタッチャブル柴田がシカゴマンゴに3月6日から復帰!

 アンタッチャブルの柴田がようやく、アンタッチャブルのシカゴマンゴに2008年3月6日(木)深夜放送の回から復帰します。2月21日放送の回で発表されました。また、それに伴い準レギュラーの“ユッティー”こと、“とーどーゆーた”が降板するそうです。お疲れ様、ユッティー。

 待ちに待った柴田の復帰、凄く楽しみです。山崎とユッティーのせいで番組が迷走していたのですが、別の番組になってしまうギリギリ前に柴田の復帰が間に合ったようです。私も柴田が休んでいる間に始まった新コーナーの“AV道”に投稿した事が有るので余り大きな事は言えませんが・・・。

 とは言え、復帰の回の放送が凄く楽しみです!

環境問題は宗教では

 環境問題は宗教ではないかと思います。

 「環境問題」を深刻に語る人達が一般人の中にもいます。今まで有ったその人達に環境問題に対する私の疑問をぶつけてる、全ての人が答えに詰まりました。しかし、答えに詰まりながらも「環境問題は大事だ」と言い続けるのです。余りに薄弱な理論的根拠を背景に環境問題を主張する姿の不気味さに気持ち悪くなりました。

 そもそも、将来の地球の温度の変化がどうなるかなんて分からないでしょう。それにも関わらず、何故か「海面が上昇し南極や北極の氷が解けると街が沈む」と言う人がいます。そりゃ、海面が上昇すれば沈む街も出てくるでしょう。しかし、上昇するのでしょうか?
 第一、北極の氷が全部溶けても海面は上昇しません。コップに氷を入れ、水をぎりぎりまで入れた後に氷を溶かしても水がこぼれないのと一緒です。
 第二に、南極の氷が溶けたら海面は上昇するのでしょうか?これも実は疑問です。そもそも南極の氷は、薄くなるどころか厚くなっているデータも有るそうです。
 私の知るデータには古いものや間違いも有るでしょうが、世界の科学者が集まっても素人に分かるようには「このままだと海面はxxだけ上昇する」と示せていないと言う事にやはり嘘臭さを感じるのです。

 どうせはっきりと分からないのなら、公害問題などの既知の問題にのみはっきりと取り組み、温室効果ガスなどのあやふやな問題は無視すれば良いのではないでしょうか。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

'08/2/14放送「竹中平蔵ON AND ON」(ニッポン放送)を聞いてショックを受けた

 2008年2月14日放送の「竹中平蔵ON AND ON」(ニッポン放送)を聞いてショックを受けました。
 日本国民1人当たりのGDPはアメリカより30%低く、OECD30カ国のトップの半分も無いそうです。しかも、2030年の労働力人口は今のままだと2006年度と比べ2070万人減少しGDPは15%近く減りかねないとか。こうなると、私たちの20年後の生活は今とは違うものになるかもしれません。

 この日の「経済裏表」コーナーのテーマは「労働力人口の裏表」でした。労働力人口とはWikipediaによれば
就業している者と、就業していないが、就職活動はしている者(完全失業者)の合計
だそうです。平たく言うと、働いている人と働こうとしている人の合計となるでしょうか。

 さてこの労働力人口ですが、

厚生労働省雇用政策研究会の発表によると2030年の労働力人口は、女性や若者、高齢者への就業支援が進まない場合、2006年度と比べ1070万人が減少する

そうです。
 この労働力人口を
働こうと思えば働ける人(A) x その内の働けている人の割合(B)
と表した時に、今のままだと(A)の人数が減っていくために労働力人口が減り、現在の労働力人口は6600万人~6700万人から1070万人減少するそうです。単純に働く人の数が減ればGDPは減ると考えれば、GDPは2030年には15%近く減ってしまう事になります。
 竹中氏は考えられる対策についても話をしていましたが、少しショックを受けました。

 更にショックなのは、「竹中流今時社会学平蔵ゼミナール」コーナーで知った日本の豊かさについての実態です。今回のテーマな「日本の豊かさ」でした。
 
日本のGDPはアメリカに次いで世界第2位。しかし国民1人当たりのGDPでは2006年度は18位
だそうです。何でも、バブルが弾ける前は国民1人当たりのGDPは世界一位だったのが徐々に後退していき、2006年の世界18位に至るそうです。しかも、
OECD30カ国中で18位だと日本は下位グループ。

しかも1人当たりGDPトップのルクセンブルグと比べると、日本は半分以下なのだそうです。凄くショック!

 失われた10年の影響が大きいと言う事と、改革は部分的に進んではいるが最近また後退し景気も後退しつつあるそうです。アメリカと比べても30%低いそうです。このままだと、将来の日本の生活は物質的に苦しい事になりかねないと聞き更にショックは深まりました。

テーマ : AMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

より良い目覚めを目指して その4 ~運動編~

 私がより良い目覚めを目指して行っている4つ目は、運動です。これを行うのと行わないのでは、朝起きてからの頭の働きが違います。運動してから数日の間は、起きた時に頭がすっきりしているのです。逆に運動をしない日が続くと、だんだんと頭の動きが鈍くなるようです。

 過去3回のより良い目覚めを目指してシリーズの「耳鼻科レーザーメス編」「飲酒量のコントロール」「嫌な事を考えない編」の中でも比較的一般的に理解されやすいのではないかと思います。単純な事ですが、これは効きます。

テーマ : 生活向上のために - ジャンル : ライフ

より良い目覚めを目指して その3 ~嫌な事を考えない編~

 より良い目覚めを目指して私が行っている3つ目は、「嫌な事を考えない」です。
 目覚めを良くなるだけではないのですが、これを行うと確かに目覚めが良くなりました。

 私は精神的にネガティブな側面があります。ふと気が付くと、過去にあった嫌な事を思い出してはああすれば良かった、とか、腹が立つ!と言った事を考えている事が多々有るのです。布団に入ってからその状態に陥る事も有るのですが、そうなると30分~1時間眠れなくなることも有ります。

 そんな中、ある時たまたま認知療法と言うものに関するWEBページを見ました。認知療法を私なりに噛み砕いて言うと、「思考の偏りを自ら認識しとぎほぐす事で、その偏りから生まれる嫌な気分を解消する事」です。
  私は過去に有った嫌な事に囚われるたちです。しかしそのページを見て私はこう考えるようになりました。

 思い出す嫌な事はそれぞれ、過去に1度起こっただけの事であり、何度も思い出しては嫌な気分になるのは損をするばかりだ。
 同じような事が起こりかねない場合や、反省すべき点が潜んでいそうな場合を除けば、極力思い出さない方が良い。


 不思議なもので、一度「嫌な事は思いださない」と決意を決め、嫌な事を思いだしてしまう毎に「こんな事を思い出すのは損をするだけだ。思い出さないぞ。」と自分をコントロールする事を何度も何度も繰り返している内に、実際に嫌な事を思い出す頻度が減ってきて、ついには睡眠の状況も改善されるようになりました。

参考:
 認知療法について気になる方はWikipediaのページをまず見て下さい。


テーマ : 生活向上のために - ジャンル : ライフ

江原啓之氏はやっぱり問題ですよね

 大槻教授がブログなどでスピリチュアル・カウンセラーの江原啓之氏をインチキだと批判しているそうです。

 ざっと見ると、以下のエントリにそれらしき記述が見つかりました。
・2007年12月19日
2008年1月3日
2008年1月8日

 大槻教授の論点は必ずしも納得できるものばかりではないのですが、私も江原氏については問題を感じています。私が江原氏について感じる問題は、江原氏はスピリチュアルと言ったオカルトに嵌りやすくなった日本人を唆し、化学的、非科学的な物のバランスを崩しているのではないかと言う事です。

 子供が麻疹に罹るように、神秘的なものや霊的なものに惹かれるのは分かります。また、世の中にはそう言ったオカルト的な物を信じる人も多くいるでしょう。しかし、それらの人たちは世の中においてはもっと「日陰の存在」でなくてはならないと思います。ストレートに口に出せば「科学的」な観点から批難や蔑視の対象となるべきでしょう。しかし一方、祖先を崇拝するあるいは故人を弔う、もしくは死への恐れを和らげるための「非科学的」な姿勢も現代の文化でも必要だと思います。この2つの相反する姿勢のバランスが大事だと思うのです。

 最近では大の大人でさえ、「水は答えを知っている」だとか、江原氏が好きだなどと言い出しています。明らかに、「科学的」な姿勢が足りず「非科学的」です。しかも「稚拙」です。
 あくまでも私の独断と偏見ですが、「非科学的」さと「稚拙」な傾向が目立つのは、日本において正統派の宗教の力が弱くなったことが原因の一つでは無いでしょうか。

 クリスマスから一週間も経てば正月に神社に行くように、日本人は信仰心は根づきにくいようです。それでも、仏教や神道、キリスト教などを信仰していたり、そうでなくとも仏壇に手を合わせると言うような信仰心は持ち合わせている人は多く居ると思います。
 しかし最近では宗教と言えば新興宗教やカルト宗教のイメージが強く、仏教・神道・キリスト教などの正統派の宗教のイメージが弱いと感じます。親が、或いは祖父母が仏教に入っているが、子供や孫はそうではないと言うケースは数多いのでは無いでしょうか。
 その一方で、現代日本人が宗教に依存したがる要素が減っているかと言えばそうではないと思います。現に、毎年3万人を超える自殺者が出ています
 これもまた私の独断と偏見ですが、宗教に入るきっかけの大きなきっかけは親から教えられるか、或いは心が弱った時に勧誘を受ける事では無いでしょうか。しかしその一方、オウムに代表される様に新興宗教には良くないイメージもあります。そうすると、親から宗教を教えられる機会が減った現代人は、心が弱った時にスピリチュアルと言ったオカルトに嵌ってしまうのではないでしょうか。

 スピリチュアルに嵌る人たちの「非科学的」「稚拙」が目立つ事が、日本における正統派の宗教の力が弱くなった事だと考える理由は、数百年、或いは千年の時を超えて伝えられる正統派の宗教が持っている、現代社会の「化学的」な側面との折り合いを付けるノウハウがスピリチュアルと言ったオカルトに嵌る人に欠けている事だと考えてます。正統派の宗教は、「神様仏様」と言うのと同じ口で「ロボット」や「バイオテクノロジー」を語るだけのノウハウを持っているはずです。そうでなければ今まで存続できていないでしょう。現代における正統派宗教の効能の一つは、「非科学的」な世界と「化学的」な世界の橋渡しだと思うのです。
 しかし、昨日今日出てきたような江原氏の言う事を心が弱った時などに受け入れてしまったようなスピリチュアルに嵌る人たちにはそんなノウハウは伝えられていません。ところが、
もししっかりと正統派宗教を受けれた人ならばそこに救いを求める事ができており、スピリチュアルに嵌ったりはしないでしょう。

 以上のように私は、正統派宗教の力が弱まったせいでスピリチュアルと言ったオカルトに嵌りやすくなった日本人を唆し、「化学的」「非科学的」のバランスを崩し「非科学的」な方へ人々を引きこむ江原氏に問題を感じているのです。もっとも、江原氏よりも彼を大きく取り扱うメディアの方が問題なのでしょう。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」の新コーナーの今後に期待!

 少し古いのですが、2008年1月29日深夜の回のTBSラジオの火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」では「新コーナースタート祭り」が繰り広げられ、一挙に6つの新コーナーが発表されました。それに伴い現行のコーナーは「思っちゃったんだからしょうがない」、「私も卒業歌ってみました」の2つを除き終了しました。

 私が今期待しているのは「人妻枠」。既に2月5日深夜の回で放送されたのですが、こんなにたくさん!?と驚く程の投稿が寄せられていました。そのどれからもが人妻の生々しさが伝わってくるような物でした。楽しみにしていた「皆でうまい事言おう」のコーナーが終わってしまったのは残念ですが、これからも火曜JUNKが楽しみです。

~~以下、詳細~~
「美味さ世界新記録」
 リスナーが今までに食べた凄く美味しい物の話を投稿するコーナー。

「告発ターイム」
 世間では知られていない不祥事や悪事をリスナーが投稿するコーナー。

「語れ音楽論 My Best!」
 毎月設けられるテーマ毎に音楽論を募集するコーナー。
 今月だと、「歌が一番上手いと思う歌手」です。

「内舘審議委員会」
 朝青竜問題で時の人となった横綱審議委員である内舘牧子さんは、実はプロレスやボクシングなどへの造詣が深い人。リスナーが内舘審議委員会のメンバーとなり内舘牧子さんの私生活をチェックし投稿で報告すると言うコーナー。
 例)(内舘牧子さんは)『今ハンドボールで騒いでいる奴らが、2年前に一瞬だけカーリングに嵌っていなかったかを調べています。』

「2時22分22秒」
 「デジタル時計を見た時に2時22分22秒だった」と言うような、田中が喜びそうな凄い偶然や珍しい出来事を投稿するコーナー。

「人妻枠」
 以前あるコーナーへの人妻からの生々しい投稿をきっかけに生まれるコーナー。
 人妻からなら、どんな投稿でもOK。

テーマ : AMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

より良い目覚めを目指して その2 ~飲酒量のコントロール編~

 より良い目覚めを目指して私が行っている事として、前回はレーザーメスによるアレルギー性鼻炎の治療を受けた事を書きました。今回書くのは、飲酒量のコントロールです。

 前々から、お酒を飲んだ次の日の朝は仕事になりませんでした。飲み方が悪いのだとばかり思っていましたが、最近になって元々お酒に弱い体質だと自覚するようになりました。一番その弱さが表れているのが、アルコールが微量でも残ったまま寝ると、起きた時に頭がぜんぜんスッキリしない事です。もう、そう言う体質なのだと割り切る事にしました。

 最近では、翌日仕事が有ったり、仕事が無くとも大事な用が有る場合にはお酒を飲まないようにしています。おかげで、午前中全く頭が働かないと言う事が随分と減りました。

 以前は翌日仕事が有ってもアルコールの欲求を覚える事が有りましたが、最近ではアルコールが無くても平気になりました。お酒にたいしては週末の楽しみと言うイメージが定着し、週末以外は全くの素面で過ごし週末は楽しく飲んでいます。

テーマ : 生活向上のために - ジャンル : ライフ

より良い目覚めを目指して その1 ~耳鼻科レーザーメス編~

 私は日中いつも頭がスッキリしない悩みを抱えていました。
 今もその悩みは有るのですが、以前より随分と改善しています。
 改善の為に行ったのは、耳鼻科でのレーザーメスによるアレルギー性鼻炎の治療です。

 私は、ハウスダストとスギ花粉でアレルギー性鼻炎を起こし鼻を詰まらせる体質です。
子供の頃から年中、鼻を詰まらせては頭がボーっとしていました。
 遅まきながら対策をと言う事で、先日思い切って耳鼻科へ行きレーザーメスによる治療を受けてきました。

1.治療前
 まずレーザーメスによる治療を行っている耳鼻科へ行って相談を行い、レーザーメス治療の予約を行い2週間分の鼻の炎症を抑える薬の処方箋を貰いました。治療を行う時に鼻が炎症を起こしていてはならないそうです。

2.レーザーメス治療1回目
 治療当日に最初にやったことは、麻酔を染み込ませたガーゼを鼻に詰め20分程待つ事で局所麻酔を掛ける事でした。口に少し落ちてくる麻酔薬が歯茎に触れたのですが、すぐにその感覚が無くなりました。
 いよいよレーザメス治療。ドキドキしました。先生が鼻の中に器具を入れると、ジュッと鼻の奥から音がし肉の焦げた匂いがします。変な気分ですが、全く痛くは有りませんでした。
 これでレーザーメスの1回目は終わりです。

3.レーザーメス治療1回目の後
 数日の間は水泳が禁止ですが、その他に生活に支障は有りませんでした。敢えて言うと、鼻水や血の混じった鼻が数日間、多少出てきました。処方してもらう薬を飲んでおけば、その程度で済むようです。
 数日間経つと、レーザーメス治療の効果に気付きました。鼻の奥まで新鮮な空気が届くのです。その事に慣れないせいか、鼻から吸った冬場の冷たい空気が脳みそまで届いて刺激を加えてくるかのようでした。

4.レーザーメス治療2回目
 レーザーメスは数回行う場合があります。私は2週間を開けて2回行いました。そうすうと、レーザーメス治療の効果が長続きするそうです。
 2回目は馴れた物で、チャッチャと終わらせましょう、位のつもりで臨みました。鼻に詰まったガーゼから滴り落ちてきた麻酔が喉に落ち、喉の感触が無くなった時にはどうしようかと思いましたが、量が少なかったせいなのか、放っておいても普通に息は出来るし唾も呑み込める事に気づきひたすら治療に身を任せました。

5.レーザーメス治療を終えて
 今でも鼻は多少詰まりますが、レーザーメス治療を受ける前と比べると雲泥の差です。今の状態だと、鼻で息ができないなんて、まず起こらないでしょう。本当に受けて良かったです。

6.今後の課題
 レーザーメス治療の効果は永続しません。また、私のアレルギーの体質が変わるわけでもありません。そのため鼻の調子が良いうちに、その他の対処法を検討し、或いは着手する必要が有ります。
 根治は望めないかもしれませんが軽減はできるはずです。気長に行きます。

テーマ : 生活向上のために - ジャンル : ライフ

SONYのイヤホンアクセサリーの入手方法

 私はiPodを聞くイヤホンとして、SONYのインナーイヤー型のイヤホンMDR-EX52を使っています。使い心地に不満はないのですが、耳との接点にあたるゴム(?)がたまに取れてなくなるのです。今日、とうとう最後のストックを使い果たしました。
 慌ててWEBで調べると、SONY STYLEと言うサイトの

AV関連製品/アクセサリー > ヘッドホン > イヤホンアクセサリー


と言うカテゴリに「スペアイヤーピース EP-EX1」と言う商品名で扱っていました。
 すぐに見つかって良かった。

TBSのPodcastが、なかなかダウンロードできません

 TBSラジオのJUNKケンドーコバヤシのキミナグのPodcastを聞いていますが、最近では殆どダウンロードできません。どうやらTBS側の回線やサーバの設備が需要に追いついていないようです。メールでPodcast配信設備増強の要望を送ったのですが梨のつぶてです。
 Podcast配信の現状もTBSの対応も残念です。

続きを読む »

地球に優しい、って・・・

 「地球に優しい」と言う言葉が未だに通用しているのが、とても不満です。
 この言い方には、地球にとって何が優しいのかを知っているとでも言うような無知蒙昧と地球に対して優しくしてやっていると言う傲慢を感じます。

 最初から、人類が地球上で生存する為に不都合を生じるであろう影響を地球にできるだけ及ぼさないと言った方が、やりたい事がはっきりするので、余程良い結果を生むと思うのです。

 そもそも人間が何をしたって、地球が滅びるより先に人間が滅びるのでしょう。また、地球は人間を産んだ母なる存在であると共に、地震や津波などで数百、数千単位で人を殺す存在でもあるのです。畏れ敬うならともかく、地球に対して傲慢さを感じるなど愚かな事です。

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。