FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が日本SUGEE!を見て気持ち悪くなる理由

日本SUGEE!ってなるコピペくれと言う2chのスレッド?を扱う記事を読んで気持ち悪くなった。

これって、ネット右翼の人達が叩く、

韓国人1「剣道は韓国が起源だ!」
韓国人2「なに、そうだったのか。韓国万歳!」

と言った話と似ているように感じる。

信じたい話をぶら下げられた人が、そのまま信じてしまう。

別の例で言うと、
ヒトラー「ナチスドイツは世界一!」
ドイツ国民「やっぱり!」

しかも今回は自分から信じたい話を示している上に、群がる人の多いこと。

吐きそう。

こんにゃくゼリーで幼児が死亡するのは保護者の責任でしょう

こんにゃくゼリー、また幼児死亡 対策取られず17人目と言う記事を読んだ。
こんにゃくゼリーで幼児が死亡する事故は以前からあり、私もニュースで何度が見た覚えが有る。

とは言え、このニュースはおかしい。

世の中には色々な食べ物が有る。食べすぎれば死ぬものも有れば、食べ方を間違えれば死ぬものも有る。餅を喉に詰まらせて死ぬと言うのは、喉に何か詰まらせての死亡という点では良く聞く話である。

平成11年度自治省消防庁委託研究 報告書「気道異物に対する救急隊員並びに市民による異物除去の検討」によれば、平成11年に喉に何か詰まらせての死亡事故の死因トップは餅で1年に150人が死んでいる。

最初の記事の17人目と言うのは、1年に17人ではなく、何と1995年以降で17人。1年におよそ1.3人だ。朝日新聞はまず、「餅は1年に150人もの人を殺す危険な食べ物である!」との記事を書くべきだ。

また記事の矛先が「メーカー」に向けられているのもおかしい。
世の中には幼児が口にすれば死に至るものはたくさんある。子供が何でも口に入れたがるのは子育てをしたことのある親なら常識。その中には幼児が口にすれば死に至る可能性が十分有る物もある。
では食べ物なら何でも口に入れて安全かと言えばそんな事はないのも常識。先ほど挙げた餅だって口にすれば下手をすれば死んでしまう。先ほどの資料によれば、赤ん坊だけが対象の統計では無い物の、肉や野菜、果物、ご飯、パン、飴、その他のお菓子などを口に詰まらせ平成11年だけでそれぞれ数十人以上の人が亡くなっている。

これらの危険から幼児を守るのは保護者の責任だ。そう言う事をするから「保護」者と呼ばれる。
世の中のあらゆる事を幼児にまで安心に作り上げるのは不可能なのだから、子供が異物を飲んで死にいたるのは「保護者」の責任が大きい。
将来有る幼児の命が異物を喉に詰まらせることで失われると言う痛ましい事故を減らすために新聞社が出来る事は、幼児を持つ親、或いは将来子供を持つ達への紙面を通じて情報の提供をする事のはず。

すなわち私が思う朝日新聞のこの記事がおかしいのは
『なぜ、餅の100分の1にも満たない危険性しかないこんにゃくゼリーに対して「対策」が取られるべきと取られる記事を書くのか。』と言う事と、『保護者の責任を問うべきなのに、何故メーカーに責任があると取られる記事を書くのか。』と言う事。

とは言え、朝日新聞のこの記事の関係者の誰かあるいは全員はこれくらいはで分かっているのでは?
「読者」の中にいる「幼児」を持つ「親」を、こんにゃくゼリーによる子供殺し予備軍と見て、刺激するのを避けた?
要は「子供を不注意で殺しかねない連中に、お前らちゃんとしろよと言うと新聞取ってくれなくなるからそうは書かなかった」とか思ってる?朝日新聞は。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

「小女子焼き殺す」殺害予告の件に潜む本当の「空気」の正体

先ほどのこのブログの記事でもこの事件について書いたのですが、気になったことが有るのでもう1つ書きます。

newsingのこの記事のエントリや、先ほどのこのブログの記事元記事のコメントやトラックバックで「空気」と言う言葉が度々出てくるのが気になりました。

元記事のコメントでの「空気」とは
> 空気を読めずに通報した人がいたから大事になった
と言う記述からして、「空気を読めない無い人」は「通報した人」のようです。

一方トラックバック「[秩序]空気を読めないバカが異常者として排除されるのは昔からよくあること」では
> 元スレの流れを辿れば一目瞭然であるただの冗談にうっかり恐怖してしまう
> (=空気が読めない)人
と言う記載もあり「空気読めない人」=「通報した人」とも取れますが、タイトルからすると「空気読めない人」=「被告人」とも取れます。

さて、この「空気」の正体は何かと考えると、「空気読めない人」=「通報した人」と言う立場では「空気読めてる人」=「殺害予告が冗談であると分かる人」なので「空気」≒「冗談が分かること」でしょうか。
一方「空気読めない人」=「被告人」と言う立場からすると「空気読めない人」=「殺害予告をする人」なので、「空気読める人」=「殺害予告をしない人」更に「空気」≒「殺害予告のようなことをしない」、すなわち「空気」≒「常識があること」でしょうか。

私は「空気」が持つ性質の中に、次の物が有ると思っています。
・後から考えれば当事者にも合理的な説明ができない
・集団の行動を左右しうる

例として、日本がアメリカと戦争したことも「空気」のせいかもしれません。後から考えればアメリカのような体力のある国に勝てるわけがなかったのですから。

この考えと先ほどの2つの「空気」の候補を照らし合わしてみます。
1つ目の「空気」≒「冗談がわかること」。この場合「空気」に感染しているのは「冗談がわかる人」になります。ですが、後から考えても「冗談がわかること」は合理的に説明できそうですし、「空気」≒「冗談がわかること」と言うのは不自然です。
2つ目の「空気」≒「常識があること」です。後から合理的に説明ができないことが「常識」になることも有るでしょうが、この場合は「殺害予告のようなことをしない」と言う「常識」は後から考えても合理的に説明できそうです。

では、今回の件に「空気」は関与していなかったのでしょうか?私はそうは思いません。「ネットでは何を書いても良いと言う考え」が「空気」なのだと思います。時代が変われば、「ネットでの発言にも責任が伴う」ことが「常識」になってもおかしくありません。「ネットで何を書いても良いと言う考え」こそが非合理的であり今回の件に潜む「空気」の正体なのではないでしょうか。

また、この考え方に染まっているのかネット上で殺害予告や、そうでなくても他人を中傷するような人は多数見られます。そう言えば、殺害予告や他人の中傷はしなくても、あなたもネットでならちょっと大胆になれるのでは有りませんか?
実は、ネット利用者の多くが「空気」に程度の大小は有れども既に影響されているるのではないでしょうか。

もし私の考えが正しければ「空気」に左右されているのは被告人や被告人を通報した人たち。ではありません。
あなたが「空気」に感染しているのです。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

「小女子焼き殺す」殺害予告で執行猶予付き懲役判決は妥当

小女子を魚というのが悪質という裁判官とそれを支持する者は、問題が全く見えていないと言うブログの記事を読んだ。この記事では、
・被告人は冗談のつもりであり逮捕前に掲示板で謝罪をしている
・通報した人もそれを分かっていた
・ゆえに判決は不当だし、判決が妥当だと言う奴は分かってない
と言うような事を言っている。

しかし、秋葉原の事件のような例もあるのだし冗談で人を殺すと解釈される事を言ってはならないし書いてもならない。被告人は、インターネットの匿名性に守られているせいでそのへんの感覚がおかしくなっていたのだろう。

だいたい、後から「冗談」と言われても「冗談だったんだね」で済まされる話では無い。小学校名を指定している辺りで具体性を感じさせてしまい、なおさら悪質だ。名指しで自分の子供の通う小学校で「殺す」と言われれば親は怯えてしまうのは当然。

同じような書き込みが100回有って100回「冗談」と言われても1回くらいは本当に犯行に及んでしまうかもしれない。親からすれば1/100の確率で自分の子供を殺されてしまう、冗談にならない。

書き込みが冗談かもしれない?と思っても、人を殺すような事を例え冗談だとしても意思表示してしまう被告人である。本当に犯行に及ぶのでは無いか?と、被告人と知り合いでもなんでもない児童の親が思っても何ら不思議では無い。

匿名性と言っても人を害する、あるいはそれを予告するような行為を行う者に対しては司法の手が伸びる。それは実世界で「殺すぞ!」と叫んだり本当に人を刺したりする人が捕まるのと同じ当たり前の事。

実社会では当たり前の「人を殺すとか言っちゃダメ」と言う事はネットでも当たり前なんだ。と言う事が、被告人には分かっていなかったのでは無いか。
そもそも執行猶予が付いているだから、判決が厳しいって事は無いしね。

続きを読む »

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

確かに売春は合法化されるべきだな

「風俗嬢に説教たれる人々が痛い理由」と「売春を合法化し、厚生労働省売春管理局を作る案」を読んで、確かにそうだと思った。

まず、風俗への締め付けを強めると犯罪率が増える(らしい)ので風俗を撲滅させてはならないだろう。中途半端に締め付けても風俗産業はある程度規模を縮小させるだろうけども、デリヘルやソープランドなど業界内での他業種へ移行するだけ。ならばいっその事合法化しても良いのではないか。

それに、元記事が正しければ風俗産業は5兆円規模の大産業。ここに税金を掛けずに酒やタバコに税金をかけるのは平等では無いのではないか。もっとも風俗フリークからすれば値上がりを招いてしまうと言う印象を持つのでしょうが。

その他の、売春を合法化するべきだと思う理由は性病。売春は無い事になっているのでメスを入れる事ができない。
性病の中で一番怖いのがエイズ。国はエイズ撲滅をしたければ、売春を合法化して法律を作り守らせるべき。

現状では、性病対策としては大体の場合は店ごとや風俗嬢ごとの基準で検診を受けているだけ。衛生面もずさんな店は本当にずさん。性病ではなくとも、店の衛生状態が悪く酷い水虫を移されたなんて話もある。

衛生面が良い店でも、性病と言う点からすると怖い店は有る。一部の安い店や、思い切り高い店では避妊具無しでの性行為を売り物にしている店が有る。

最悪の場合、1人のエイズを持った客と避妊具無しで寝た風俗嬢を媒介として何十人と言うエイズ患者が生まれかねない。避妊具無しでの不特定との相手のセックスは言うまでもなく危険。売春を禁止するのではなく、避妊具無しでの売春を禁止するべき。
そうしなければ売春が事実上黙認されている現状では避妊具無しでの売春を禁止する事はできない。現状だと各警察の生活安全課毎のさじ加減で、目だった営業をする店舗を取り締まっている程度だろう。

避妊具を付けていればそれで良いのかと言ういえばもちろん違う。サイズが合わない避妊具を付けていれば、行為の最中に外れてしまう事がたまにある。また、口内に感染する性病も有るし、オーラルセックスを通じて感染する性病も有る。

現状では店や風俗嬢が性病の検査にどれだけの頻度で行くのかを管理しているが、法律でルール化するべき。そうしなければ安い店に行って病気を貰ってくると言う話が絶えることが無い。

また風俗嬢が検査を受けやすい、つまり面倒無しに検査を受ける事ができる、病院がどれだけ有るかと言う問題もある。売春が合法化されていない現状では、頻繁に検査を受けに行きにくい病院も有るだろう。

と言うわけで、
・売春を合法化するべき
・避妊具無しでの売春を法律で取り締まるべき
・風俗店の衛生管理を法律でルールを作るべき
・売春を行う風俗嬢の性病の検査に法律でルールを作るべき
・風俗嬢が検査を受けやすい環境を作るべき
だと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。